ボディピアスなどを開ける際の麻酔薬について

142a035f27fd0912f089f762a300c4e9_s

身体にするボディピアスは、若い人を中心に気軽に楽しむ人が増えてきました。

しかし、自分であけたり街なかにあるピアスやさんで開けて痛い思いをしたという人の話を聞いて躊躇する人もいるとのことです。
そういった開け方は衛生面に配慮が足りなくて化膿してしまったりします。
特に顔ですが、まぶたとか鼻などは頭の中枢神経系に近いので化膿したりしないよう注意しなければなりません。

今はきちんとした医療機関ですればボディーピアス開ける際の麻酔薬があり、痛みを感じずに好きな場所にホールを開けることが出来ます。
気になるその麻酔薬についてですが、麻酔も注射である以上無痛ではありません。しかし麻酔をしないで開けるよりもその瞬間だけ少しチクっとする程度です。
それもすぐに効いてくるのでピアスを開けるのは痛くありません。

時々病院に行くのは手間と時間、お金がかかるので市販での麻酔薬はないか?という質問がありますが、日本では麻酔薬は薬局で買って使用することは出来ません。
しかし、アメリカで認証されているボディピアスやタトゥーを入れる際や脱毛するときに使える皮膚麻酔薬ならネット販売などで買うことが出来ます。その場合は自己責任となりますのでご注意下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ