最近では医薬品を簡単にネットで個人輸入できるようになりました。睡眠薬やED治療薬・勃起薬、その他にはAGA治療薬など色々な医薬品を購入することができます。今回紹介するのはピアッシング用麻酔薬です。参考サイトに医薬品個人輸入代行サイトくすりぴあさんを使用させていただきました。

様々な種類の局所麻酔剤

LIDOCAINE30

ピアッシングで局所麻酔をする場合市販薬では麻酔効果が弱いため、「局所麻酔」専用のキシロカインをはじめとするリドカイン系の医薬品をおすすめします。副作用もほとんどなく、安全税の高いお薬とされています。キシロカインジェネリックもおすすめです。

キシロカインの効果効能、副作用について

06071644_51b18f4990271

全身麻酔を必要としない手術、治療、検査の際には局所麻酔剤が使われます。キシロカインとは医療現場ではもちろん、最近ではネットなどでも手に入れられる購入しやすい局所麻酔剤です。有効成分をリドカインとし、世界で1番使われている麻酔成分です。

局所麻酔剤のメリット、デメリットについて

f72c6580acc2bc500a9185675fd8cec1_s

麻酔薬には大きく分けて全身麻酔剤と局所麻酔剤の二種類があります。全身麻酔は患者の意識を失わせて眠らせた状態で除痛する方法のことです。それに対して部分麻酔剤とは痛みを取り除きたい部分にのみ効果を発揮してくれます。そえれぞれに一長一短あります。

ボディピアスなどを開ける際の麻酔薬について

142a035f27fd0912f089f762a300c4e9_s

近年日本でも広がるボディピアスですが、自分であけたり街なかにあるピアスやさんで開けて痛い思いをしたという人の話を聞いて躊躇する人もいるとのことです。そんなときアメリカで認証されているボディピアスやタトゥーに使われる皮膚麻酔薬がおすすめです。

ボディーピアスの穴あけと麻酔薬について

img58174155

ボディーピアスとは耳たぶ以外の場所にあけるピアス全般のことをさし、耳たぶよりも痛みが大きいです。ネットで売られている局所麻酔剤はタトゥーを入れるときや脱毛の際に使えるもので、効果は病院の麻酔よりおだやかですが痛みをかなり軽減できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ